退職した技術者が語るホンダの問題 迫りくる末路 ~終焉は近い?就職して良い?~

うつ病でホンダを退職しました #HONDA #ホンダ #コロナ

ホンダをメンタル不調で休職していたのですが、このたび正式に退職させていただきました。

流れとしては、以下の通りです。

入社→度重なるパワハラ

別エントリーでも書きましたが、いまだにイッキ飲み強要やセクハラ、パワハラが残る職場です。

私の場合、言葉によるパワハラをひたすらガマンする日々でした。

毎日のように「お前はセンスがねえな」「ほかの連中はちゃんとやるぞ」など罵声を浴び、どんどんメンタルを消耗していきました

「センス」というのは上司の口癖だったのですが、今でもその意味が分かりません。

そして、念入りにお願いしなければ仕事のやり方も教えてもらえず、うつ病を発症しました。

何がわからないのかもわからなくなり、極めて質問しづらい状況になっていき、ついには出社できなくなりました。

そして休職期間に入ります。

心療内科医と社内カウンセラーの解任

休職期間に入ると、心療内科医との面談が月一であるのですが、ある日とつぜん解任されてしまいました。

社内でほぼ味方が居ない私にとって数少ない理解者の一人でした。

突然解任を知ったときの絶望感は忘れられません。

そして、2人いた社内カウンセラーも片方が解任され、私もアクセスできなくなりました。

その後、有名なホンダの2000人大リストラが敢行されます。

職場にいた頃から福利厚生が縮小していったり、なにかおかしい感触がありました。

社員の士気を高めるための資金も削らなければならないほど、財政状況が悪化していたのかと思います。

ありえない復職条件

復職の条件は、コロナ禍にもかかわらず、「復職には週5日 1日8時間の試し出社が絶対に必須」

との強制出社だったからです。

また、「リモートワークによる出社は不可」とのことでもありました。

ひどいコロナ禍に、週5で、職場に出社しなければならないのです。

職場は埼玉で、私は県外に住んでおり、通勤には東京を通過する必要があります。

小池都知事を始め、全国の知事たちは移動の自粛を再三要請していた頃です。

私の職場においても、たびたびコロナ感染者が出現し、そのたびに消毒・清掃がなされていました。

参考:ホンダ社内のコロナ感染状況

https://www.honda.co.jp/info/20200228b.html

このコロナ禍において、「出社必須」はメチャクチャな条件であると考えますが、ていの良いリストラのようなものでしょう。

というか、現場も傷病者に配慮する余裕すらなかったのかもしれません。ホンダのような大企業であってもそういった状況なのです。

退職

その後、私のような境遇にあった人たちの力になりたいと思い、資格を取得して心理カウンセラーとして活動しています。

大変なこととは思いますが、どうか、どの企業もリモートワークの適用を加速し、できる限り外出を控える形での勤務が普及することを願います。

現場とのやり取りでは、健康管理センター、人事ともてんやわんやであることが、連絡を通してひしひしと感じられました。この状況での復職は、会社にとっても、従業員にとっても利するところがないのは明らかです。

CASE革命、コロナ禍と大変な時代の節目を迎えますが、10年後もホンダの新車が乗れることを願い、退職させていただくこととしました。本当にお世話になりました。

-退職した技術者が語るホンダの問題 迫りくる末路 ~終焉は近い?就職して良い?~